自分のサインを綺麗に書くには字の反らせ具合も有効

手書きの文字には線の反り具合で醸し出される表情があります。
このあたりはパソコンやスマホでの活字とことなる大きな特徴です。
このそらせ具合
各自で工夫すると面白い文字ができます。
この字の反らせ具合で出る特徴は書く人の個性どになります。

仮にフリーハンドでいくらまっすぐに書こうと思ても書けません。
しかし、意外と反らせた線の文字はいつお同じように書けるから不思議です。

背中を丸めたような感じの反らせ具合で書かれた文字はやらかい感じがします。
逆に背中を反り返ったように書かれた文字は大胆というか、緊張敵触れて少し怒っているような感じもします。
このあたりは、まさに個性ですからどれが良いとか悪いとかいうものではありあm線。・
ただ、あまりにきょきうたんな反らせ具合だとかえって読みづらくなることにも注意しなければなりません。

この線のそらせ方については
縦画では背勢(はいせい)と仰勢(ぎょうせい)
横画では仰勢(ぎょうせい)平勢(へりせい)覆勢(ふくせい)とも呼ばれています。・
一度、意識的にこのあたり選を使って、自分の名前の漢字に表情を加えてみるの面白いと思います。

さらに二本以上の線には長短を付けて形をグッと引き締めるのも有効です。

左右の横線の端がホkじゃの点画に接していない横画はその長さに差をつけてみるといグッと字に表情が生まれます。
コツは最後の横線を長く書くことです。
横画に左右の長さん簿差をつけると、字がくっきりとしませんか?
適度な凸凹が醸し出す時の表情はいろいろと試してみましょう。

反らせ具合と左右の長短
色々なパターンを試していると、しっくりくるまで何度も書き続けているとそのうちに自然と自分の形というももができてきます。
それが自分の個性的なサインを作る第一歩です。
あーでもない
こーでもない
と書き続けていくことで自分のサインは徐々に出来上がっていきます。
自分おサインって作るのに時間がかかって当然なんです。

サイン 作り方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です