銀行があなたに数千万円も貸す住宅ローンの理由

マイホームを手に入れるのに現金で購入するなんて宝くじでも当たったのでもなっかぎりありません。
まずは銀行に住宅ローンを申し込んで融資を受ける方gほとんどだと思います。
でも、住宅ローンはなぜあなたに数千万円もの大金をkじゃすのでしょうか?
他の用途ならまずそんなお金は貸してはくれm線。

実はこの不況下にあっても銀行にとって住宅ローンは安全かつ確実な利益を得る商品なのです。
銀行からすれば返済期間が20年委所の住宅ローンを成立させることによって、当初の金利h数乳は低くても残りの期間で金利を戻せば十分な利益を得られます。
各銀行は
「優遇金利」
「期間現手」
「キャッシュバック」
「キャンペーン」
さまざまな方法を使ってでも住宅ローン利用者獲得にしのぎを削っています。

それは企業融資と異なり、住宅ローンの貸付は非常に安全性の高い商品なのです。
銀行からすれば月々の金利収入は大した金額ではありませんが、
長期間ということ
支払時期が決まっていること
という安定収入を見込めるのです。
しかもどんな人でも住宅ローンはたとえ生活が来るh市くなっても優先的に返済するものです。
また住宅ローンはその土地建物という不動産を担保にしています。
万一、住宅ローンの返済が出来なくなっても最悪は抵当権を行使して競売などにかけることで借入金の回収ができます。

■住宅ローンを借りる時に悩むのが「変動金利」「固定金利」
受託ローンを組む時に見あんさん頭を悩ませるのが
「変動金利?」「固定金利?」
ということではないでしょうか。
変動金利とは借入時に定めた金利を返済が終了するまでに変動する方式です。
下がることもあれば上がることもあります。
その点、固定金利は返済が終わるまで金利が変わらないので返済額も計画が安心です。
しかし、これだけ超低金利時代が続くと固定金利のメリットが薄れてきています、。
意外と変動金利と固定金利の差は大きいので、これからの景気動向をどう予想するか?それはあなたの判断次第なので、どちらが得でどちらが損かは一概には言えません。
離婚 住宅ローン 妻が住む 借り換え

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です