どこからだが「耳が遠い」というのか?そのレベルは?

今の高齢尾化社会では「耳が遠い」というのは当たり前にうなってきています。
2018年のWHO(世界保健機構)の調査では、日本で聴覚障害を持つ人は550万人
10年前の500万人から10%も増加しました。
さらに日本全国で難聴と呼べる「40DB以下の音が聞き取れない」の人は2000万人を超えるといわれています。
40デシベルといえばだいたい私たちが普通に話す会話のレベルの音量です。
日常的な会話ですら不自由を感じる人が6人に1人という驚くべき結果なのです、

では、この難聴というレベルはどんな分類の分け方なのでしょうか?

①正常
木のそよぎの音が聞こえる
呼吸音が聞こえる
時計のカチカチというとが聞こえる

②軽度難聴
ささやき声が聞き取りにくい

③中等度何章
日常会話が聞き取りにくい

④高度難聴
ピアノの音でも聴こえ難い
大音量のテレビ
怒鳴り声も聞こえにくい

⑤重度難聴
車のクラクションも聞こえない
カラオケも聞こえない
ガード下の電車御インでも聴こえない

だいたいこんな分け方だと思います。
いかがですか?
中等度難聴のレベルの人はあなたも含まれませんか?

難聴とは文字通り「音が聞こえにくい」という状態のことです。
全く聞こえないわけではありませんが、総じて聞こえにくい
「女性や子供の声が特に聞こえにくい」
というのも特定の周波数が聞き取りにくくなるというのも難聴の特徴です。

また雑踏や街の中の騒音の中で特定の音が聞き取れないのも難聴の症状なんです。

日常くぁいの中で聞き返しが多くなったり、
知らず知らずのうちにテレビの音量が大きくなっていたる
これらも典型的な難聴の初期症状なので気を付けてください。
そして、これらの難聴の初期症状のサインを見逃すとドンドン難聴は進行していきます。
さらに気を付けて欲しいのが難聴のサインである耳鳴りです。
耳鳴りになりに悩まされている人は難聴の初期う症状のことも多いので早めに耳鼻科の医師に相談することをお勧めします。
みみ太郎 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です