機械式腕時計の宿命~オーバーホール代をケチると後悔するよ

人気のあるブランド物の機械式腕時計はとても高価ですが、さらに頭を悩ませるのは定期的に行わなければならないオーバーホールです。
ロレックスやIWCなど高級ブランド時計ならそのオーバーホール代も軽く10万円を超えてくることも少なくありません。
しかし、大切な機械式腕時計を最良の状態に保つためにはオーバーホールは避けては通れない道です。
機械式腕時計はその精密すぎる構造ゆえに、部品同士がかみ合って軋んだり摩耗したりしてしまわないように、専用の油が塗られています。
しかし、子の油も年月とともに劣化してしまいます。
酸化し背その性能が落ちてくると今dふぉはその部品自体にも摩耗jしたりと大きなダメージを与えてしまいます。
また、どんあに摩耗しないように潤滑油を塗っていても、どうしても金属同士がかみ合ってと毛の針を鵜が課していおるのですか貯微細な金属かすが生まれてしまうのは仕方ありません。
もしも長期間にわたってそんな性能の落ちた潤滑油や微細な金属かすのある状態で長期間にわたって機械式腕時計を使用しているといつか大きな故障を招きます。
それには大きな代償を払わなければならないこともあります。
最悪修理不可能の場合もあるのです。

そんなトラブルを防ぐのが定期的なオーバー^ホールです。
オーバーホールでは一旦その機械式腕時計をバラバラに分解し、
古い油や金属かすの洗浄
摩耗や損傷のチェック
新しい潤滑油の塗布
機能や制度の確認チェック
が行われます。
これには費用も時間もかかってしまいます。
しかし、これを怠てはいけません。
浸かっていなくでも機械式腕時計内部の潤滑油の劣化は避けられません。
メーカー推奨の期間ごとにオーバーホールを行うことで、その大事な機械式腕時計の寿命は大きく伸ばすことができます。
それくらい手間もお金もかかるのが機械式腕時計ですが、それだからこそ一生物の親から子へと形見代わりに受け継がれていくのです。
ロレックス 放置 止まる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です