薄毛対策はその状態によって変わってくる

薄毛という悩みは老若男女を問わずみなさん抱えている問題です。
そこで言うまではたくさんお薄毛対策が好悪案されてきました。

しかし、ひとpくちに薄毛といっても、それは人それぞれでの状態です。
特に生え際などは顔の輪郭を決める重要な部分ですので、気になる個所でもあります。
たくさんお薄毛対策はありますがその効果はひとそれぞれですし、なおかtる時間もかかります。
そこで最近目覚まし進歩をしているのが植毛です。

植毛の本場アメリカでは手作業による株分けと植え込みで、自然の毛包単位植毛(FUT法)が最先端の植毛法として評価を確立しています。
しかし、ひとりひとりに最大限の植毛効果と満足感を得てもらうには一つの植毛方法だけにこだわりすぎてもいけません。

植毛にはいろいろな方法も確立されています。

  • 毛包単位植毛法(FUT法、FUT改良法)
    手作業により株分けと植え込みを行います。
    植毛にな田?すべての方に対応できる方法です。
    そい定着率も95%以上と極めて高い物があります。
    しかし、デメリットとして
    自分の毛を植毛に使用するために、植毛できるドナー株には限界がありあmす。
    またこの高い技術を駆使できるクリニックもまだまだ少ないのが問題です。
  • 毛包単位くりぬき法(FUE法)
    「メスを使わない。切らない」のが特徴です。
    特に狭い範囲での薄毛に有効です。

    しかし怒鳴オー株を採取主いた数だけ米粒上の白い傷跡が残ります。
    また高い熟練技術も要求されます。

  • メガセッション
    1回の植毛で通常の1.5~2倍文おりょいうのの息網が可能でwす。
    その本数は4000~6000本にもなります。
    特に硬派にの薄毛に有効?です。
    しかし、これは頭皮の状態に左右されます。
    頭皮にある程度よゆう(たるみ)があることが条件位なります。
    頭皮が硬く動かない方には向いていません。
  • トリコフィテック縫合法
    ドナー採取部の傷跡が目立ちにくくなるため、傷跡を極力地位さkすひたい尾方向けです。
    しかし、自毛植毛の経験が包囲法で高い技術のクリニックでないとできません。

トリコチロアール 円形脱毛症 効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です