薬剤師なら「疑義照会」と「処方提案」に積極的になろう

疑義照会とは、医師の処方箋に疑問や不明点があればs薬剤足が処方位に問い合わせて確認をすることです。
処方提案とは明確な定義はありませんが、薬物治療に好悪剣するために患者さんにとって最適な処方を提案することです。

薬剤師なら処方箋に記載されていることに間違いのない処方をすることだけが仕事ではありません。

新しく赴任してきた医師
専門外の診療科目の医師
そんな医師に見抜けなかったことも今までの患者さんの経緯や事情に詳しく
いろいろな経験をしてきた薬剤師からすればその処方箋に疑問や改善点が見つかることも少なくないのです。

薬剤師法大24条では
「薬剤師は、処方箋中に歌わが師機点があるときは、その処方箋を交付した医師、歯科医、獣医師に問い合わせて、その疑わしき点を確かめた後でなければ、これによって調剤してはいけない」
と定めたられています。
疑義照会とは主に処方箋に基づく調剤をする時に行います。

でも、なかなかこの疑義照会に二の足を踏む薬剤師さんもいます。
どうしても疑義照会にはその医師の診断にケチをつけるネガティブな印象があるからかもしれません。

処方提案でも、まずはその処方内容が本当にその患者さんにとって適切な薬物治療なのか?という問題意識を持つことが大切です。
処方提案とは、患者さんの状態をしっかり把握している病棟薬剤師が中心となるでしょう。

「疑義照会」や「処方提案」
これからの薬剤師にとってはとてもタイせちゅなことなんです。
なぜならこれからの薬剤師に求められるのは「薬物治療への貢献」です。
患者さんのことをしっかりと把握し、研鑽した知識や経験を活かした疑義照会や処方提案ができる薬剤師です。
そんな薬剤師こそ医師や患者さんから一目置かれる信頼される薬剤師になるからです。

認定薬剤師や専門薬剤師が医師や患者さんから信頼されることはこのあたりかもしれません。
たえず自己研鑽を子足らず最新の情報や知識をべんきょひすtづけなければ疑義照会も処方提案もできませんからね
薬剤師 パート 扶養内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です