ノンレム睡眠中も脳の細胞は活動している

ノンレム睡眠にはステージ1~3があります。
実はこのステージごとに脳波に違いがみられるのです。
の意レム睡眠のステージ1に入ると、入眠前にみられたアルファ波が消え、振幅の離異彩脳波が現れます。
次のステージ2では「紡錘波」と呼ばれるさらに小刻みの脳波がみられます。
このステージ2のノンレム睡眠が睡眠全体で最も長い時間を占めます。

ステージ3に入ると今度は「デルタ波」とよばれる1秒間に1~4回程度のゆっくり心服する脳はが現れます。
この「デルタ0」波は大脳の神経細胞が一斉に休んだり活動したりを繰り返しています。
こうした神経細胞の活動の周期が何を意味しているのか?はまだ解明されていません。
しかし、近年の研究ではこのノンレム睡眠中に記憶の整理が脳内で行われているという報告もあります。
ノンレム睡眠中の簿い鵜は、不要な神経細胞同士のつながりを解除するなどして記憶の再構築と強化が行われていると考えられています。

睡眠h空はこのようにレム睡眠とノンレム睡眠中を繰り返しています。
このレム睡眠中に夢を見るとされています。
ノンレム睡眠とは異なり、レム睡眠中はなんと脳の中では覚醒時と同じ脳波を出しているのです。
まさに身体は寝ているのに脳は起きている状態なのです。

自分ではとても確かめられないのですが、このレム睡眠中はなんと眼球が小刻みに動いているのです。
脊椎動物の中でこのレム睡眠があるん尾は哺乳類だけだそうです。

脳波を見てみると、レム睡眠中の脳波は覚醒時と同じくらいかそれ以上の活動をしている脳の分野もあることもわかってきました、
それが奇想天外の夢を見るい理由かもしれません。
「空と飛んでいる夢」
「怪獣が現れて暴れる夢」
などなどとても現実世界ではあり得ない夢を見た経験がある人はほとんど全員ではないでしょうか。
それはレム睡眠中の脳では、理性的な判断を行う「前頭前野」の働きが低下します、
それとは逆に
視覚イメージをつかさどる「視覚連合野」
感情をつかさどる「偏桃体」
が活発になります。
奇想天外な夢を見るのはこんな理由があったとは驚きです。
朝 腰が痛くて起き上がれない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です