子育ては社会に貢献する重要な仕事

子育てをしている母親は、疎外感や孤独感を抱くことが多いようです。なぜでしょうか。今日は、子育て中の母親の気持ちに寄り添った記事を書いていきたいと思います。

女性のほとんどは、学校卒業から結婚までの間に仕事を経験しています。社会の中で働いて、自分が生活するためのお金を稼いだ経験です。それが、結婚や出産を期に仕事を辞めます。虚しい感じがするのもすごく理解できます。

社会とのつながりも、自分だけの収入もなくし、夫や子ども中心の生活となります。社会に出ていた経験のある人が子育てをするときには特に、疎外感や孤立感を感じることが多いのです。自分は社会に必要のない人間になったように感じるのかもしれません。
カミカシャンプー 販売店

自分だけの時間や生活のペースを自分で決められた時代を知っているからでしょう。子育てをしている母親は、胸を張って自信を持っていいのです。子育ては、社会に貢献しています。

自信が持てない母親は、「子育ては女性にとって当たり前のこと」という古い考え方にあるのかもしれません。田舎の古い考えの男性に多いような気がします。偏見でしたら申し訳ありません。経験者はよくわかると思いますが、子育ては単純な仕事ではありません。『子育て』という仕事は、人生の一定の期間にのみ体験できる貴重なものです。「一人の人間を育てる」という、重要な仕事です。

『子育て』はとても重要な仕事であるにも関わらず、お給料はありませんね。その上、大変な時間を要する、かなりの重労働です。しかしその代わりに、「かけがえのない我が子」という宝が得られます。この宝物は、決してお金に代えられません。

子育て中の他のお母さん方との交流は、かなり勇気づけられるでしょう。子育てをしているお母さん方は、同じ経験をしています。お互いの気持ちをよく理解し合うことができ、共感を持てるのです。「守らなければならない家族がいる」ということは、母親を強い人間に成長させることにもなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です