ドライヤーが髪の乾燥の原因?

女性の髪の悩みはたくさんありますが、その一つに髪のパサつきがあります。くせ毛に悩む女性は多く、なんと約6割の女性がこの悩みを抱えていると言われています。5人中3人です。あなたはどうでしょうか?

髪の表面にはそれを守るキューティクルがあります。何らかの理由でこれが開いたり剥がれたりすると、髪のタンパク質と脂質が放出されて水分を保持できなくなります。その結果、髪がパサパサになります。

髪の乾燥を改善するには、まずその原因を解決する必要があります。原因として考えられるのは、シャンプーやブラッシングのしすぎです。お心当たりがあるのではないでしょうか?

髪を洗ったり、爪で頭皮を強くこすったり、髪同士をこすったりすると、頭皮や髪にダメージを与える可能性があります。ゴシゴシこすらないと洗髪していないような気がするという人もかなり多いので注意が必要です。わたしもそうでした。

また、髪をブラッシングしながらもつれた髪をほどこうとすると大変な負担になります。これはキューティクルにダメージを与えるだけでなく、枝毛や切れ毛にもつながります。

キューティクルは髪が濡れると開く性質がありまるため、シャンプー後は普段よりダメージを受けやすい状態になっています。このような状態で高温のドライヤーを頻繁に使用すると、髪が傷みやすくなります。

また、濡れたまま長時間放置して自然乾燥させるのも良くありません。シャンプー後にドライヤーを使う人は多いと思いますが問題はその温度です。一般的なドライヤーは高温120度ですが、60度程度の低温乾燥できるものもあります。

低温乾燥で髪のパサつきを大幅改善できるので、できるだけ温度に気をつけましょう。わたしはこれだけで大分髪の乾燥が防げるようになりました。パサパサ感がなくなってきたのです。それに加えて、髪に優しいシャンプーに変えたのもよかったのだと思います。わたしが使っているシャンプーはこちらです。
ハディエント 最安値

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です