Author Archives: Makashov

自己破産にならないために

2年にわたるコロナ禍で、会社の倒産が増えています。自己破産が増えているようですし、自殺者も増えています。この世界はどんどん悪くなっていきますね。それはあることの「しるし」なのですが…。

その話はまた今度にしましょう。今日は自己破産について少し書きたいと思います。自己破産というのは他人事ではありません。誰でもその危険と隣り合わせ…とまでは言いませんが、そうなってしまう危険は誰にでもあるのです。

自己破産のデメリットについてはほとんどの人が理解しているはずです。でも現実には自己破産に陥ってしまう人が少なくありません。自己破産が急増して社会問題にまでなったことさえありました。

自己破産をすると借金を帳消しにすることができるので、メリットの方が多いと勘違いしている人もいます。それは大きな間違いです。デメリットを感じられない人は借金に対する考え方が麻痺しているのでしょう。

借金は踏み倒すためにあるように思っている方も少なからずおられます。嘆かわしいことではないでしょうか。自己破産をしておきながら、その後でローンを組もうと考える人もいますが、銀行が融資をしてくれるはずはありません。

自己破産になるとデメリットが数多くあります。自己破産にならないように借金を管理しておくことはとても大切なのです。「いくら借りているかわからない」なんてアホなことは言っていられません。人生がかかっていますからね。

多くの人は、自己破産にならないためにどうすればいいかということを考える時、「どんな手続きをすればいいのか?」と考えてしまうようです。これは大きな誤りです。借金はしない!という意識が大切なのです。

自己破産をする人にはお金の管理能力が欠如していると言えます。自分が反省して行動を改めなければ周囲の人たちはどうすることもできないのです。お金について真剣に考えましょう。【金は身の守り】です。

お金のない人が買い物できてしまうのは、クレジットカードを持つからです。クレカを持つかどうか、真剣に考えてみてください。現金主義に徹すれば、お金がないのにショッピングしてしまう罠から逃れられます。

以前はクレジットカードの貸出限度額は会社ごとに定められていたので、複数のカードを持っていると自分の年収以上の借金もできましたね。でも今ではカードの合計が年収の3分の1に制限されています。それなのに借金し過ぎてしまうのはなぜでしょうか?

もしかして、ギャンブルにはまっていませんか?競馬、競艇など、ギャンブルとは思っていない人もいますから要注意です。ギャンブルにボロ負けした時に役立つ情報があります。⇒競艇 ボロ負け