Author Archives: Makashov

ドライヤーが髪の乾燥の原因?

女性の髪の悩みはたくさんありますが、その一つに髪のパサつきがあります。くせ毛に悩む女性は多く、なんと約6割の女性がこの悩みを抱えていると言われています。5人中3人です。あなたはどうでしょうか?

髪の表面にはそれを守るキューティクルがあります。何らかの理由でこれが開いたり剥がれたりすると、髪のタンパク質と脂質が放出されて水分を保持できなくなります。その結果、髪がパサパサになります。

髪の乾燥を改善するには、まずその原因を解決する必要があります。原因として考えられるのは、シャンプーやブラッシングのしすぎです。お心当たりがあるのではないでしょうか?

髪を洗ったり、爪で頭皮を強くこすったり、髪同士をこすったりすると、頭皮や髪にダメージを与える可能性があります。ゴシゴシこすらないと洗髪していないような気がするという人もかなり多いので注意が必要です。わたしもそうでした。

また、髪をブラッシングしながらもつれた髪をほどこうとすると大変な負担になります。これはキューティクルにダメージを与えるだけでなく、枝毛や切れ毛にもつながります。

キューティクルは髪が濡れると開く性質がありまるため、シャンプー後は普段よりダメージを受けやすい状態になっています。このような状態で高温のドライヤーを頻繁に使用すると、髪が傷みやすくなります。

また、濡れたまま長時間放置して自然乾燥させるのも良くありません。シャンプー後にドライヤーを使う人は多いと思いますが問題はその温度です。一般的なドライヤーは高温120度ですが、60度程度の低温乾燥できるものもあります。

低温乾燥で髪のパサつきを大幅改善できるので、できるだけ温度に気をつけましょう。わたしはこれだけで大分髪の乾燥が防げるようになりました。パサパサ感がなくなってきたのです。それに加えて、髪に優しいシャンプーに変えたのもよかったのだと思います。わたしが使っているシャンプーはこちらです。
ハディエント 最安値

子育ては社会に貢献する重要な仕事

子育てをしている母親は、疎外感や孤独感を抱くことが多いようです。なぜでしょうか。今日は、子育て中の母親の気持ちに寄り添った記事を書いていきたいと思います。

女性のほとんどは、学校卒業から結婚までの間に仕事を経験しています。社会の中で働いて、自分が生活するためのお金を稼いだ経験です。それが、結婚や出産を期に仕事を辞めます。虚しい感じがするのもすごく理解できます。

社会とのつながりも、自分だけの収入もなくし、夫や子ども中心の生活となります。社会に出ていた経験のある人が子育てをするときには特に、疎外感や孤立感を感じることが多いのです。自分は社会に必要のない人間になったように感じるのかもしれません。
カミカシャンプー 販売店

自分だけの時間や生活のペースを自分で決められた時代を知っているからでしょう。子育てをしている母親は、胸を張って自信を持っていいのです。子育ては、社会に貢献しています。

自信が持てない母親は、「子育ては女性にとって当たり前のこと」という古い考え方にあるのかもしれません。田舎の古い考えの男性に多いような気がします。偏見でしたら申し訳ありません。経験者はよくわかると思いますが、子育ては単純な仕事ではありません。『子育て』という仕事は、人生の一定の期間にのみ体験できる貴重なものです。「一人の人間を育てる」という、重要な仕事です。

『子育て』はとても重要な仕事であるにも関わらず、お給料はありませんね。その上、大変な時間を要する、かなりの重労働です。しかしその代わりに、「かけがえのない我が子」という宝が得られます。この宝物は、決してお金に代えられません。

子育て中の他のお母さん方との交流は、かなり勇気づけられるでしょう。子育てをしているお母さん方は、同じ経験をしています。お互いの気持ちをよく理解し合うことができ、共感を持てるのです。「守らなければならない家族がいる」ということは、母親を強い人間に成長させることにもなります。

自己破産にならないために

2年にわたるコロナ禍で、会社の倒産が増えています。自己破産が増えているようですし、自殺者も増えています。この世界はどんどん悪くなっていきますね。それはあることの「しるし」なのですが…。

その話はまた今度にしましょう。今日は自己破産について少し書きたいと思います。自己破産というのは他人事ではありません。誰でもその危険と隣り合わせ…とまでは言いませんが、そうなってしまう危険は誰にでもあるのです。

自己破産のデメリットについてはほとんどの人が理解しているはずです。でも現実には自己破産に陥ってしまう人が少なくありません。自己破産が急増して社会問題にまでなったことさえありました。

自己破産をすると借金を帳消しにすることができるので、メリットの方が多いと勘違いしている人もいます。それは大きな間違いです。デメリットを感じられない人は借金に対する考え方が麻痺しているのでしょう。

借金は踏み倒すためにあるように思っている方も少なからずおられます。嘆かわしいことではないでしょうか。自己破産をしておきながら、その後でローンを組もうと考える人もいますが、銀行が融資をしてくれるはずはありません。

自己破産になるとデメリットが数多くあります。自己破産にならないように借金を管理しておくことはとても大切なのです。「いくら借りているかわからない」なんてアホなことは言っていられません。人生がかかっていますからね。

多くの人は、自己破産にならないためにどうすればいいかということを考える時、「どんな手続きをすればいいのか?」と考えてしまうようです。これは大きな誤りです。借金はしない!という意識が大切なのです。

自己破産をする人にはお金の管理能力が欠如していると言えます。自分が反省して行動を改めなければ周囲の人たちはどうすることもできないのです。お金について真剣に考えましょう。【金は身の守り】です。

お金のない人が買い物できてしまうのは、クレジットカードを持つからです。クレカを持つかどうか、真剣に考えてみてください。現金主義に徹すれば、お金がないのにショッピングしてしまう罠から逃れられます。

以前はクレジットカードの貸出限度額は会社ごとに定められていたので、複数のカードを持っていると自分の年収以上の借金もできましたね。でも今ではカードの合計が年収の3分の1に制限されています。それなのに借金し過ぎてしまうのはなぜでしょうか?

もしかして、ギャンブルにはまっていませんか?競馬、競艇など、ギャンブルとは思っていない人もいますから要注意です。ギャンブルにボロ負けした時に役立つ情報があります。

美麗糖鎖 販売店