メディア4YOUTH創作展最終日でした。

 26日からはじまったメディア4YOUTH創作展「ひとりでわくわく いっしょにわくわく」、昨日が最終日でした。ライフからはスタッフ3名が参加。

参加各団体のみなさんもたくさんいらっしゃいました。ライフの子ども達も遠くから来てくれました。

いつもは子どもだけで来ていますが、今日はお母さんも一緒です。自分の作ったフォトフレームをお母さんに見てもらってうれしそうにしていました。

 

 1400からは、おやつを食べながらゆる~いレセプションです。

自分の作った作品について話したり、他の人の作った作品について感想を話したりしました。ゆるい雰囲気がよかったのか、いつもよりみなさんたくさん話してくださったように思います。それぞれの作品に想いがこめられていて作品をみる目が変わりました。

今回は、いつも発言の機会のない福福コンビのお二人からも展示について大変だった点、こだわった点などのお話がありました。予算的な制約のある中で最高の展示をしてくださったと思います。

私たちはいつも展示されたものを見るだけですが、これだけの会場を作るのには、影で準備してくださる方がいることを忘れてはいけないことを強く感じました。

 

 いつものメディア4YOUTHでは、ワークだけでも時間が足りないくらいでゆっくり話せる機会がありません。特にライフは栃木から駆け付けるため、ワークが終わるといつもあわただしく帰ります。

ワークももちろんいいけれど、こういう振り返りの機会は大切だと思いました。

 

 みんなが気持ちを共有していい感じの創作展になったと思います。

 みなさん、ありがとうございました(o^-^o)