夏合宿ふりかえり④ キャンドルファイヤー

 なんとかホールに移動した後、キャンドルファイヤーへ。

キャンドルファイヤーでどれほど盛り上がるのかと非常に心配でした。

私自身キャンドルファイヤーというのははじめての経験です。

大人の背丈くらいの木の先端にたくさんのキャンドルがついており、そこに女神のみなさんが火を付けていきました。

力強く燃えるキャンプファイヤーに比べて、キャンドルファイヤーは静かで繊細、きらきらと美しかったです。

 

 その後は、キャンプファイヤーレクリエーション組によるレクリエーションへ。

まずは進化じゃんけん。

はじめは全員が卵の状態でじゃんけんをし、勝った人はひよこに進化します。

ひよこはひよこ同士でじゃんけんをし勝った人はニワトリに進化し、さらにニワトリはニワトリ同士でじゃんけんをし、勝った人はスーパーニワトリに進化します。

今回はニワトリバージョンとちょうちょバージョンの2パターンで行い、最終的に勝ち残った5人に、スーパーニワトリ帽子Orスーパーちょうちょ帽子とお菓子で作った首飾りをプレゼントしました。

この進化じゃんけん、予想以上に盛り上がり企画は大成功でした。

私はスーパーニワトリ帽子を作るという形でファイヤー組に協力しました。

子ども達がかぶったらかわいいだろうなぁという思いで帽子を作りましたが、スーパーニワトリとなった5人中4人が大人、1人の子にはかぶるのを拒絶されるという結果に終わりちょいと残念でした。次は子ども達に被ってもらえるものを作れるようにしたいです。

スーパーちょうちょの方は2人の子どもに渡り、かぶった子どもたちもうれしそうでした。

ちょうちょの帽子を作ったじゃんは満足でしょう。

 

 進化じゃんけんのあとはダンスへ。オクラホマミキサーとマイムマイムを踊りました。体奏家の新井英夫さんが盛り上げて下さったこともあり、大いに盛り上がりました。中でもマイムマイムは盛り上がり一回躍り終わった後、ファイヤー組のリーダーまっすーの「みんな、マイムマイムもう一回躍りたいかなー?」の掛け声。

「えーっつ」という声と「おーっと」いう声が半々くらいでしたが、強引に2回目のマイムマイムをかけるまっすー(まっすー本人は「いいともー」という声を期待していたそうです)。

「えーっつ」と言っていた人たちも楽しそうに2回目を踊っていました。

2回目が終わった後、3回目をけしかける悪乗りファイヤー組のみなさん。マイムマイムの音をちょっと流した段階でブーイングが上がりここで終了となりました。

ダンスって楽しいですね!

 

最後はみんなで「明日があるさ」を歌ってレクは終了。

キャンプファイヤーはできなかったけど、それを忘れるほど楽しい時間となりました。

ファイヤー組のみなさんありがとう!