七夕

小学生は全員、短冊にお願いごとを書きました。中学生は恥ずかしがって、書かないかなと思っていたら、意外や意外「お願いごと、なんて書こうかな」と、短冊に向かったK君。さすが中学生。「国語の読みと漢字ができるようになりますように」と書きました。「おとなになって、けっこんしたら、かぞくでいちごがりに行きたいです」と書いたのは小学3年生のHさん。小学5年のK君は「けっこんして、しあわせになりたい」と書きました。身長も体重も、一回り大きくなったMくんは「しぼうを、なくしたい」と、切実なお願い。 七夕様、どうかみんなの願いをかなえてください。